読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kengo92iの日記

プログラミングとかやったことの記録を書いていきます。

AOJ-0158 : Collatz's Problem

Collatz's Problem

正の整数nに対し、

  • n が偶数の時は 2 で割る。
  • n が奇数の時は 3 倍し、1 を足す。

いずれは結果が1になるのというコラッツの予想というものがある。
その問題をプログラムするという問題


サンプルには入力1というものがないが、1のときのケースを想定していないと
Wrong Answerになってしまう場合があるので注意。


//http://judge.u-aizu.ac.jp/onlinejudge/description.jsp?id=0158

#include<iostream>
#include<map>
#include<vector>
#include<algorithm>
#include<cmath>
#include<climits>
#include<ctime>
#include<cstring>
#include<numeric>

#define ALL(v) (v).begin(),(v).end()
#define REP(i,p,n) for(int i=p;i<(int)(n);++i)
#define rep(i,n) REP(i,0,n)
#define dump(a) (cerr << #a << "=" << (a) << endl)
#define DUMP(list) cout << "{ "; for(auto nth : list){ cout << nth << " "; } cout << "}" << endl;

using namespace std;

int calc(int n){
	return (n % 2 == 0) ? n/2 : 3*n+1 ;
}

int main()
{
	int N;

	while(cin >> N && N)
	{
		int tmp=N, cnt=0;

		while(true)
		{	
			if(tmp == 1){ break; }
			cnt++;
			tmp = calc(tmp);
		}

		cout << cnt << endl;
	}

	return 0;
}