読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kengo92iの日記

プログラミングとかやったことの記録を書いていきます。

MacOSでUSBメモリにUbuntuを入れてみる [Linux]

MacOS(v10.9.5)でUSBメモリUbuntuを入れて,USBブートするための方法です.LinuxMac本体に入れると動作が遅くなると聞いた事があったので,USBから起動する方法をまとめておきました.


今回はLinuxディストリビューションの1つであるUbuntuUSBメモリに入れます.USBメモリは64GBの物を使用しました.

Amazon.co.jp: I-O DATA USB 3.0対応 高速USBメモリー 64GB YUM-64G/KA: パソコン・周辺機器


Ubuntuのホームページです.
Ubuntuの入手 | Ubuntu Japanese Team

上記のサイトから,Ubuntuの.isoイメージファイルをダウンロードして下さい.Webブラウザからうまくダウンロードできない場合もあるみたいなので,その場合はターミナルを使ってダウンロードして下さい.最新バージョンはUbuntu 14.10ですが,今回は安定バージョンのUbuntu 14.10をダウンロードしています.

$ cd ~/Desktop/
$ wget http://cdimage.ubuntulinux.jp/releases/14.04/ubuntu-ja-14.04-desktop-amd64.iso

ローカルに.isoイメージがダウンロード出来たら,.isoイメージを以下のコマンドで.imgファイルに変換します.

$ hdiutil convert -format UDRW -o ~/Desktop/ubuntu-ja-14.04-desktop-amd64.img ~/Desktop/ubuntu-ja-14.04-desktop-amd64.iso

その後,USBメモリを接続して,USBメモリのパスを以下のコマンドで確認します.

$ diskutil list
/dev/disk0
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *251.0 GB   disk0
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk0s1
   2:                  Apple_HFS Macintosh HD            250.1 GB   disk0s2
   3:                 Apple_Boot Recovery HD             650.0 MB   disk0s3
/dev/disk1
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:     FDisk_partition_scheme                        *62.1 GB    disk1
   1:             Windows_FAT_32 NO NAME                 62.1 GB    disk1s1

この場合は /dev/disk1 がUSBメモリのパスになります.

ここからUSBメモリUbuntuを書き込んでいきます.途中で表示されるダイアログは「取り出す」をクリックして下さい.

$ diskutil unmountDisk /dev/disk1
Unmount of all volumes on disk1 was successful
$ sudo dd if=~/Desktop/ubuntu-ja-14.04-desktop-amd64.img.dmg of=/dev/rdisk1 bs=1m
1104+1 records in
1104+1 records out
1158348800 bytes transferred in 31.709836 secs (36529637 bytes/sec)

上記のような出力になれば,書き込みに成功していると思います.最後に以下のコマンドを入力して,USBメモリを取り出しましょう.

$ diskutil eject /dev/disk1
Unable to find disk for /dev/disk1

UbuntuがUSBに書き込まれたか確認するために,Macを再起動して,optionキーを長押しすると,選択画面が出ますので,USBメモリを選択します.真っ黒い画面が起動して,どれを選択するか求められるので,Try Ubuntu without installingを選択します.

Ubuntuが起動するので,あとは自由に使う事が出来ます.